SUDOホームロゴ関東

SUDOホームロゴ関東

工事レポート

最新の工事レポート

ゼロカイからのいえ

こんにちは。Yです。

今回は基礎工事編をお届けします。

まずは「どこに基礎を作るか」を決める作業をします。現場では「遣り方(やりかた)をかける」といいます。

配置図の寸法を頼りに板を組み立てていきます。この上に張った糸がこれからの作業における位置・高さ等の基準線となります。

 

 

所定の深さまで掘削したところまでの写真がこちらです。

 

 

(;゚Д゚)

2.5m程から敷地を見下ろした写真ですが、ものすごい高低差ですね・・・

状況の説明としては、土からの湿気が上がってこないようにポリシートで覆い、一部コンクリートを打設した写真です。

このコンクリートの役割としては以下のようなものがあります。

・地盤と基礎の荷重を円滑にするため
・位置の場所決めのため墨出しを行う
・打設時の枠を固定するため

現場では「捨てコン」と呼ばれています。

このコンクリートが乾燥したら鉄筋を組立てます。

構造図と照合しながら、社内にて共有しているチェックリストに沿って確認を行い、

是正箇所があれば基礎屋さんへ報告です。

 

 

この日は設備屋さん、瑕疵担保保険の検査員さんも来ていました。

コンクリートの打設前には、配管スリーブの設置・補強を行います

 

 

こちらも全箇所バッチリでした!

 

 

先程お見せしたスリーブ設置箇所は、断面方向からみるとこんな感じになっています。

手前に見えている六角形の棒はアンカーボルトで、土台と緊結をするための金物です。

アンカーボルトの配置の確認がとれたのでいよいよコンクリートの打設です。

様子はこちら

 

 

工場から到着したミキサー車からポンプ車によって圧送していきます。

このながーーい腕のような部分を操作して所定の場所へ打込みを行います。

写真ではサイズ感がわかりにくいんですが腕の先から出てる細長い部分で直径15cmほどあり、コンクリート自体も重たいのでこれを動かすだけでもかなり重労働なんです。。。

少しお話しを戻しますが、先程のアンカーボルトは、風などや地震などの力により土台から基礎が離れようとするときにグッと耐えてくれたり、横ずれを防止する大切な存在です。
 
このアンカーボルトの設置は、構造計算の結果をもとに適切に配置されなくてはならないので、必ず図面と照合確認をします。
 
前回の話でもありましたこの計算は、「許容応力度計算」というものです。
 
建築基準法で規定されている構造計算の方法は主に5つあり、規模によりどの計算方法を採用するかを決めます。
 
許容応力度計算は木造の場合、
 
・階数2階以下
・延べ面積500㎡以下
・高さ13m以下
 
このくらいの大きさまでの建築物の地震・風力・積載荷重に対しての安全性を確認することが出来ます。
 
一般的な住宅ならこの計算で十分といえますね。
 
 
この計算結果を考慮して配筋の図面、アンカーボルト・耐力壁の位置などを決め、それを示したものが構造図で、この構造図をベースに、プレカット図を作成していきます。
 
今回はここまでにして、次回このプレカット図からお話しを始めたいと思います。
 
 
今回は着工から約1ヶ月までの進み具合でした。
 
次回は木工事・断熱編をお届けいたします。おたのしみに(^.^)/~~~
Close

皆さまこんにちは。流山オフィスYです。

工事担当をしております。

過去とは違った目線で現場レポートをお届け出来ればいいなと思いますのでお付き合い頂ければ幸いです。

それでは「ゼロカイからのいえ」現場建築レポート2回目スタートです!

さて前回に続き設計契約後の流れですが、確定になったプランをもとに地盤調査・構造計算を行います。

地盤調査については調査元のHPがわかりやすかったので説明は割愛させていただきます。

「地盤調査って何のために、どういう検査をしているの?」

など、ご興味のある方はぜひ下記ホームページを覗いてみて下さい!

▽ジャパンホームシールドさま
https://service.j-shield.co.jp/jiban/sds

結果次第では改良工事に数百万円掛かってしまうこともあるので、わたしもドキドキしながら結果を待ちます。

調査当日の様子はこちら↓

 

 

調査の結果、、、

 

今回は地盤改良の必要はありませんでした。

お次はこの地盤調査の結果を踏まえて構造計算を行います。

東関東支店ではお付き合いのある構造設計事務所に委託しています。

弊社の耐震等級はこの計算によって証明されています。

この構造計算については次回以降もう少し詳細にお話しをさせていただきます^^

この結果をもとに図面を修正し、建築確認申請を行います。

スムーズにいくと一ヶ月程度で許可が下りますが接する道路や建築地によってはここでお時間を頂くケースもあります。

無事に建築の許可がおり、地盤・設計に問題がないことがわかったのでいよいよ着工ができます!

着工前には、無事に工事が終了するように神様へ安全を祈願お願いをする〝地鎮祭〟という式典を行います。(ご要望による)

こちらは地鎮祭の様子です。

ご両親が同席されるお客さまは割と多いです。

どんなことするの?って、入社した当初は想像もつきませんでした。

 

 

 

序盤は〝祭〟から連想されるワイワイした雰囲気は無く、式は粛々と進みます。

 

式典が終わった後は土地のお清めを行います。

神様へお供えをしていたお酒やお米、お水をお手に取って頂き敷地の四隅へ撒きます。

とても和やかな雰囲気です(^◇^)

 

 

地鎮祭の前日までに、スタッフが建物の大きさを敷地に出しております。

 

 

ですので、実際の敷地にどのくらいの大きさで新居が建つのかをご実感頂けますよ^^
 
この段階では「思っていたよりと狭いね…」っておっしゃる方が多いです(苦笑)
 
地鎮祭が終わったら、設計又は工事担当者と一緒に近隣挨拶をおこなって頂き、場合によっては仕様決めの打合せをしてこの日は終了となります。
 
 
現場レポート2回目は、契約以降~着工日までをお伝えいたしました!
 
次回から工事着工です。基礎工事編をお届けします(^.^)/~~~
Close

皆様こんにちは!
流山オフィスSです。
営業・設計を担当しております。

千葉県内で工事を行っている
「ゼロカイからのいえ」
の建築現場レポートをさせて頂きます!

お施主様の御都合により完成見学会は開催できませんが、家づくりの参考になれば幸いです。

第1回目は着工前から地鎮祭までの様子をご案内したいと思います。
お客様は現在遠方へお住まいでご実家付近の土地を取得されて家を建てる計画でご相談いただきました。

SUDOホーム以外にも工務店に2社ほどご相談されているとのことで、ご提案内容でどこに依頼されるか判断されるとのこと。
こちらのお施主様に限らず、最終的に2~3社に絞って提案を受ける方が多い印象です。

ご依頼を受けてまずは敷地の確認に向かいます。

 

 
敷地に対して北側に道路があり、1.3mほど高低差があります。
 
 
 
南側にも家が建っておりますので、その位置や影の具合も計って敷地条件を読み込んでいきます。
11月中旬に確認に行ったので、その時の太陽高度から南側の建物の高さを算出しておきます。
 

 

お客様から間取りの希望が書かれたプランニングシートが届きましたので内容を確認します。
お客様独自で作成される場合もありますが、通常は弊社の方でシートを送らせていただきます。

内容をまとめると

・日中は電気なしで生活できる明るさのLDK
・開放感があり、キッチンからすべてを見渡せるLDK空間
・高性能とデザイン性を兼ね合わせるいえ

そこを満たしつつ、土地特有の高低差をうまく利用してご提案したいと考えました。

 

 

間取りの御説明の前に用意した資料です。
敷地の特性をお施主様にもご理解いただき、間取りの御説明をします。

間取りはお見せできませんm(__)m

 

 

他の工務店さんからも提案が出そろい、かなり僅差だったようですが弊社を選んでいただくことができました。
各社特徴が出ていたそうで、相当悩まれたそうです。。

その後はプラン修正、プラン決定を経て設計契約を行いました。
設計契約後は本見積提出・カラー決めを行い工事着工となります。

11月に問い合わせいただき、4月着工となりました。
今回は5か月かかりましたが、早い方ですとプラン依頼から着工まで3.5か月程度の場合もございます。

いよいよ工事着工です!

次回から現場担当のYへ引継ぎましてレポートを開始します!

どうぞお楽しみに!!
Close