SUDOホームロゴ関東

SUDOホームロゴ関東

お客さまの声

とことんこだわって日々を彩る
暮らしのサイズにフィットした住まい

流山市・K様邸夫婦30代、子ども2人

いつごろからどんなきっかけで家づくりを考えはじめましたか?

ご主人

建てる2年前くらいから、いろいろな情報やモデルハウスを見て回って楽しんでいました。もともと僕の実家が流山で、結婚してからもこの近くの賃貸アパートに住んでいたので、住みやすさや通勤の利便性を考えるとこの辺りがいいなと思って土地も同時に探しました。

 

 

 

家づくりの依頼先はどのように探されましたか?

ご主人

なんとなく家を持つなら戸建てを建てたいねと言いながらあちこち見ていたんですが、たまたまSUDOさんの流山のオフィスにおじゃましたんです。そこで木の使い方や雰囲気がいいなと思って、ホームページで施工事例などを見るうちに、だんだん気持ちが固まってという感じです。最初はデザインや素材に惹かれて見はじめましたが、もともと北海道の会社だということで、冬も夏もそんなに室内の気温が変わらずに暮らせるというのが、自分たちの考え方とも一致しているなとも思ったんです。

奥さま

SUDOさんにお願いすることを決めてからも、キッチンのショールームをあちこち回ったり、いろいろ調べて希望を固めていきました。自分なりの暮らしのこだわりや性格などをとことん考えて、納得いくかたちはどれかな、というふうに。

 

 

 

家づくりに際してご希望されたことはどんなことでしたか?

奥さま

基本的に2階に行くのは寝るときだけという感じで、生活は1階で完結したかったので、家事の動線はいろいろ工夫して提案してもらいました。帰ってきて手を洗って洗濯物をクローゼットにしまって、という感じで。持っているものに合わせたサイズで棚を造作していただいたり、システムキッチンと造作キッチンの間の子といった感じでつくってもらったり、電子レンジもどうやって収めるのかいろいろシミュレーションしたりして、最終的にいちばんいいと思える方法を提案していただけました。随分無理を言ってしまったので、大変だったと思うんです(笑)。

ご主人

ウッドデッキをつくりたいという希望は出させてもらって、こんな感じにリビングとつながるような提案をしてもらいました。子どもたちもここを出入りして走り回っていますし、子どもの友達が来てもみんなずっとここで遊んでます。1階に機能を集約したかったので、スペース的な問題で「できないかもしれない」ということもありましたが、粘り強く提案してもらえて実現したのでよかったです。

 

 

 

 

 

実際に暮らしてみて、暮らし心地はいかがでしょう?

ご主人

夏暑いときにエアコンをつけていなくても2階も涼しかったり、冬に帰ってきた時暖かいので、しっかりつくってもらってよかったなと思っています。ピットインリビングにしてもらったので、つながりがありつつまたひとつの部屋のような感覚で居心地がいいんです。子どもの絵などを飾っている有孔ボードはあとから自分で付けました。ウォークインクローゼットの棚やシューズクロークの棚もDIYして、見えるところは必要なコストをかけつつ、見えないところは自分たちで手をかけてだんだん仕上げていくのも楽しみがありますね。

奥さま

もう2年近く暮らしていますが、今のところ「ここをこうしておけば…」という部分がないんです。とにかく見えるところがスッキリしていてほしい反面、時間がなかったり性格的にざっくりしているので、造りにこだわってよかったと思っています。収納が充実しているので、お客さんが来る時はそこにバッと入れるだけで隠すことができるので便利です(笑)。